上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は大和朝廷は北九州からの氏族が近畿に移住したと思っている。

「筑紫国続風土記」によれば、北九州の香山(高山)のある旧志波村の付近は、古くは「遠市(といち)の里」と呼ばれている。一方、近畿の「天の香山」は<延喜式>に十市郡(といちぐん)と記され、古くは「十市郡」(といちのこおり)と記していた。
「和名抄」では「美濃国本巣郡遠市」が藤原宮出土の木簡は「三野国本須郡十市・・・・」となっている。
又、鏡味完二氏によると、九州の耳納(みのう)・日田・熊は近畿では美濃・飛騨・熊野と言うとする。

その他、北九州(・・・)は近畿の笠置山(笠置)・春日(春日)・御笠山(三笠山)・吉住神社(吉住神社)・平群(平群)・池田(池田)・三井(三井)雲堤<うなで>(雲梯)・筑前高田(大和高田)玖珠(国巣)田原(田原)など幾つもの同じ様な地名がそんざいする。
これは九州からの移住者がなずけたものであろう。
私の九州からの大和移住説の根拠の一つである。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/837-ad314309
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。