上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出雲の氏族は大和に居住していたと言う説は根強い。ここに二つの類似した伝承がある。田中卓氏の「住吉大社史」と「物部神社」の伝承である。

「住吉大社史」(田中卓)
元来、大己貴神の本拠は、大和の三輪山であり、奉祭者は三輪氏であろう。。天菩比命が大己貴神に媚びたと言うのは出雲氏が三輪氏と結合し、婚姻関係に入った事を指すのであろうが、かくして大己貴神を奉ずるに至った出雲氏は、中央の志をえないままに、大和を去り、あそらくは山城国の出雲郷、丹波神社あたりを経由して、山陰に進み、次第に出雲へ進出したものと思われる。崇神天皇以前に、大和よりの氏族移住は行われてた。

「物部神社」の伝承。
宇摩志麻遅命は天香語山命(尾張氏の祖、宇摩志麻遅命とは異母兄弟)と共に物部の兵を率いて、尾張、美濃、越後を平定して、天香語山命は伊夜彦神社に鎮座したと言う。
宇摩志麻遅命は行動範囲を広げ、播磨、丹波を経由して石見に入り、周囲の蛮族を平定し、鶴に乗って鶴降山に舞い降り国見して、物部神社の背後にある八百山が天香具山に似ているので、この地を安住の地に定めたと言う。

この類似は出雲族が古来、出雲に居住していたのだが、大和族に破れ丹波を経由して出雲に落ち延びた伝承がその底にあったと思われる。その具体例がこれらの伝承であろう。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/851-a952347b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。