上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文化放送の「野村国丸」の番組で河合かおるの「空気論」を聞き、興味が津々であった。

あの「古館・古賀論争」である。テレビ・ラジオは放送法によって規制されている。その権利を持つ国は謙虚であるべきだと言うのは野村論で、空気を読み、そのバランスで放送の濃度を決めるべきだという論調であった。

しかしその「空気」が難しい。古賀氏はあの放送で自らの番組放送の領域を狭くしたのは優秀な官僚だった古賀氏が理解していないわけがなく、古賀氏はその事より今の隠蔽された政治形態のほうが日本にとって危険であると判断した結果であろう。

放送局と古舘プロジェクトの責任者への「圧力らしき空気」を古賀氏は把握し推測したからこそあの発言になったのだろう。
私もNHK局長への裏の了解談話の可能性は推察出来るし、沖縄自民党議員の手のひらを返したような政権よりの行動は明らか恫喝が意識できる。教育委員への抑圧の日常茶飯事であり、古くは「裸足のゲン」事件はその顕著な現われである。私は以前からこの政権のご都合主義的な雰囲気を持つ隠蔽政治を危険だと思っている。その流れで、私は古賀氏を擁護したいと思っている。

確かに文化放送の野村国丸さんに言われる「空気論」は頷けるが、用は本質の部分に関わった時の態度である。勇気を持って正論・本音を発言できるかどうかである。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/853-7136373d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。