上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物部氏は古代史、大和朝廷の成立(神武東征)には大いなる存在であろう。私はそう考えている。そのためには、物部氏の出自は確定捨て置く必要であると、かねがね考えていた。しかし、通説でも物部氏の先住民か渡来民かの確定はされていない。

神武東征以前には北九州からニギハヤヒ命が物部氏を率いて大和へ東遷している、と古代史は語っている。それは神話とされる。この伝承は皇孫の史実にとって非常に重要な伝承である。北九州の地名と大和周辺の地名は酷似しているものが多いのは自明の事実である。そこには物部氏の動向が顕著で、大化の改新以後の大和朝廷確立には重要な要になっている。

谷川健一師は「白鳥伝説」でかなり詳細に物部氏の動向には触れていますが、まだその輪郭は鮮明になっていないように思われます。先代旧事本紀が文献の主要な源泉ではあるが、その補完は完全とは言えず、考古学や神社の縁起、地名の由来など多くの検証が必要なのは言うまでもない。

遅れてきた老人である私には、悲しいことにその追求は頼りない考察だと言わざるを言えず、余生が尽きるまで頑張るつもりだが、困難なのは言うまでもない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/860-b74999d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。