上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「黄色い葉の精霊」の著者・ベルナツィクはピ一・トング・ルアングを追ってインドシナ半島まで取材に出かけている。

そこで彼はルアング族の唯一の援助者・ミャオ族の首長・チン・ツァイに遭う。
チン・ツァイは勤勉で有能、災難にも辛抱強く耐え、心気活発であった。文字を持たないミャオ族は驚くほどの記憶力で、特に首長の資格として、太古の記憶を語れなければ、首長になれないと言う。

彼等の口碑伝説は、彼等が蒙古やシベリアの遙かなる高地に住んでいた遠い過去を語っている。
と、ベルナツィク記している。

当時は私も知識が浅かったので、読み過ごしてしまったのだが、嘗て、ミャオ族は黄河流域に定住していて、夏族に侵略されて長江流域や南方山岳地帯に逃げ延びたという故事が現実性を感じていなかったのである。
しかし、夏族と三苗族の確執は史実で「琢鹿の争い」の神話は史実に基ずいて創られてものであろうと思われる。
また、苗族の放浪の軌跡は数多くの少数民族を生み出し、「呉・越・楚」などの種族にその痕跡を残していると思われる。漢人が「倭」と称する、「江南」や「朝鮮南部」そして、日本列島の九州地方の種族にまでその痕跡を残していると思われるのは単なる仮説ではないような気がする。

林羅山の「神武天皇記」に述べられた中厳円月の神武、太白(呉の建国者)説や「晋書」や「梁書」に書かれた「倭人太白説」も強ち根拠のない空想とはいえなのではないかと言える。
黒潮の流れを勘案に入れれば、江南からの漂着は滝川政次郎師の南北九州漂流説も可能性は大いにあると考えられる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/861-2454cf77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。