上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「領布ひれ」の真の意味が理解出来なかった。解説では人の身をつける物実でそこに霊魂が宿るがために神聖だと記している。解らなくはないが今ひとつ心に蟠りが残される。
「箱」が魂の入れるところだと言うのもそうかとも思うが納得がいかない。宇宙が地球を包む霊の布状のもので、母の霊包のようなものと言う説もある。多分、生命を育む霊気を発する情況が宇宙の「気」なのかも知れないが、「領布」はその象徴だと解釈すればいいのか、今でも曖昧模糊としている。大嘗祭の天羽衣や「天孫降臨」の真床追衾
も同様な象徴なのだろうか。一考を要するだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/862-9d14f20b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。