上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はかつて、日本人の習性の地点から、小選挙制に反対をしてきた。相対的に物事を捉える志向性から考えると多党性が日本人には必要であると考えたからで今でもその考え方に変更はない。

現在の安倍一人よがり政権を考える(独裁ほど重くない軽い)と、小選挙制は小人には危険な制度である。

かつての自民党は様々な党人としての考え方があり、良くも悪くも議論が白熱していた。それが現在の自民党はどうだ。議論が白熱している事は皆無である。陰口さえ聞こえてこない。
それは簡単な理由である。

恫喝の所作である。選挙資金や党内推薦を楯に取り、選挙に出られない体制が党内に出来ており、脅かされれば尻込みする不甲斐ない(二世議員の根性なし、つまり、困難を克服してじ自力で勝ち取る苦労が省かれた薄ぺらい議員が増えたからだろう)。
この小選挙制の弊害をかつてのマスゴミや所謂、識者は論議したのだろうか、提灯持ちの議論ではなかったろうか。
いかに真の議論が大切か、痛感する。

私は沖縄の「辺野古問題」は重要な政治問題であると思う。「辺野古の基地設営」を反対した地元議員が揃って賛成に廻ったのは議会制民主主義の危機を感じ、怖ろしささえ感じた。そして、マスゴミも世の識者と言われる頭の良い諸君も何の評論をしない事にも驚きを禁じえない。
小選挙制を法律化した時もそうだが、何と想像性のない愚かな判断であったと思うのだが、そうした情況が現在の現れているというのに、またぞろ、悪法が隠然と行われようとしている事の警鐘や行動は非常に希薄で、恐怖感さえ覚える。

「裸のケン」事件はもう忘れかけているが、最近の「教職員の削減」にも続き、施政者は刻々と既存路線を踏襲している。「古賀問題」「NHK問題」「首相の品格のない野次問題」など思想的横暴は限がない。明らかに「教育・マスコミ」に規制や抑制が強化されているのがひしひしと感じられるのに、世の中は平和である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/870-2321f2f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。