上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリンピックの建設予算が膨大である。建設費や維持費を加えれば、明らかに無駄使いは目に見える。又、海外の投資は大盤振るまいで気前が良い。しかし、国内の福祉や年金は削り放題。そして、またぞろあれ程世論が反対していた原発を再開する。

この内閣は、大多数の国民には多くの負担を強いる悪政内閣ではないでしょうか。

ここで私は古代史を学ぶ一私市の好事家として、敢えて一言いいたい。川内は嘗て高城市といい、ホノニニギ命の事跡を重要な聖域であった。それは、この薩摩と言う地域は、「火の国」として苦境から乗り越えてきた象徴的な地域である。数千年に大きな火山の噴火から再生してきた稀有な史実を持つ。その象徴的な神話の地として比定されている。(私は神話は史実の裏ずけを持つと推定している)
私はその精神的遺産としての川内市を重要な資産として考えている。勿論、私は皇国史観を否定する者ではあるが、日本人として精神態な遺産には敬意を払う精神的余裕を持っている。無駄ずかいとは言わないが海外投資の冗財より国内の投資を優先順位とする視点を忘れる者ではない。何故、こうした外向け・大企業優先・軍国主義への回帰の政権を老人ボケの国民は許すのか私は理解出来ない。自らの首を自らで絞め続けているとしか思えない。今こそ国民は行動をしなければならないのではないかと思わざるをえない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/879-7c58e9d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。