上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の母方の姓は菊池と言い、その発祥について、少し考えてみようと思います。
日本人は古来からの習性で、語呂遊びが身についています。漢字には音と訓があり、文字を持たなかった原日本人は音を頼りに生活をしてきたはずです。万葉仮名はその終着点でしょう。
そういう発想から、菊池の本来持つ意味を考えてみるようと思ます。
多分、菊池はククチであろうと思われます。古事記・日本書紀「記・紀」の中から「ククチ」に纏(まつ)わる言葉を見てみると、意外に少なく、菊里姫(ククりヒメ)と木の神・久久能智(ククノチ)が見られます。
古代語では、一説にククは葦を意味し、葦には呪術的な言霊を持ちます。その意味は尽きせぬ生命力や脅威的な創生力を表わします。
また、「チ」には「霊」を充て、これも神秘的な霊力を表わすのです。
菊里姫は白山神社の祭神でインドの生死を司るカリイや縄文の土偶に表れる悪魔的な生命力、つまり地母神にその原型を見るような気がします。
菊里姫はイザナギ(夫)が黄泉国(よみのくに)へ行ったイザナミ(妻)と泉平坂(よもつひらさか)で争った時、泉守道者(よもつもりみちもの・黄泉国に通ずる道の番人)とその争いを止めさせる役目を担っています。明らかに、菊里姫(ククりヒメ)には呪術的な本性を見ることができます。
一方、久久能智(ククノチ)には、古代に於ける天と地の伝道者である神木としての依り代を思わせ、神木の持つ、くみ尽きぬ生命力の神秘を感じさせます。
ここまで考えますと、「菊池」の意味は、生死を司る呪術者の印象を私に与えるのです。「ククチヒコ」は肥後が発祥と言われていますが、元より九州土着の呪術者か大陸からやって来た呪者的な種族が原型ではなかったかと考えられます。仮説ではありますが、私は九州先住の呪術者、縄文から根ずいた呪術者がその始原であったと想定する方を選びたいと思います。
すると、菊里姫などはとりわけ、卑弥呼やイザナミ、後の神功皇后や巫女、保食神(うけもちのかみ)、山姥に繋がる原型が菊池(ククチ)に見られると言うことが判明するのです。
これは私が考えた仮説ではありますが、そう大きな誤りはないと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/91-baa8f1d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。