上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のテロ事件で危惧をする事は、イスラムテロ集団が本来の宗教を理解した者たちではなく、偏向した原理主義者たちであるため考えられる事は目的の為には手段を選ばない卑劣な人間達であるからだ。

事件の結果厳重な警備をしなければならない米国や欧州大国にはテロを行えないと認識すると、彼等はこじつけ理論で拡大解釈するだろう。どこかの首相と同じく目的に沿った理由を考え関係の薄い国を狙う可能性を残したのである。これは米国を主にした行為の復讐のとばっちりでしかないのだが、日本国内でもテロが発生する可能性を生んでしまった。
私は後藤氏が殺害された時、あのテロ集団は野蛮な原理主義者でしかないと実感した。我が施政者は無力・無責任でそれを傍観してきた。私達はテロ集団の先を越して、可能性を考えることは無駄ではないと思う。今は先取りをした供えが必要な時代に入ってしまったのである。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/938-1952e0f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。