上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢の高祖の抑商政策(表題)

親のお蔭で任官する者が貴位につくようだと、国内に益々安穏を貪ろうとする気風が強まるであろうし、商人が国内で富を積むようだと、その国は益々貧しくなる。親のお蔭で任官する者に、貴位を与えないわけにはゆかないっとしても、そも貴位による専有は制御すべきであるし、商人に富を積まないようにするようにはゆかないまでも、富による奢侈は奪取せねばならない。

班固(漢書の著者)、漢初の富庶(経済繁栄と人口増大)を論ず。

高祖の整令と班固の評言は、誠にその根本の謀(はかりごと)を知れリと言うべきである。君主が商人の誘惑にのれば、国家の大本がしぼみ、士太夫が商人の誘惑にのれば徳が滅びる。

温故知新とはこのことで、念じて反省すべきことである。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/952-6af7f567
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。