上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月6日から9日そして敗戦の15日に続く。そして、もう一つ8日に天皇陛下のお言葉が付加された。

天皇陛下の8月8日は考えに考えられた配慮ある日時である。
原爆投下の地獄の経験と敗戦の間、そして選挙と言う国民の決断をも配慮した誠意ある日にちを選ばれた政治をかなり意識した象徴した天皇は国民との対話を苦渋の実践をしたとも思われる。
私の天皇についての印象は象徴をいかに国民との間で実践するかに真剣に取り組んでおられた誠意ある行動である。二つの災害と私が強く印象に残ったのはフィリッピンへの墓参である。日本・比国の戦没者の鎮魂である。まかり間違えば暗殺さえも考えられる、過酷な戦闘は多くの比国側に犠牲者があった。翻れば、侵略者日本憎しの意識が未だ残っていて、その実害のある比国人は無念の復讐を天皇に向ける事も考えうる情況であったのにも関わらず実行された本音の勇気を私は感じて尊敬の念が心の底から湧きいあがってきたのを思い起こされた。
そうした覚悟の行動は全身全霊をかけた行動であることはその前後、綿密な計画と心の覚悟を必要としただろうし、究極の神経を使っておられたと思います。あのビデオから無駄というものが感じられないのは陛下自らが他人に任せたのではなく、自らが推考に推考を重ねられた結果だからだと思います。
どこかの首相のように官僚に任せたり、熟考する事もなく口先で語る安易さは陛下の声明にはありません。
心身を使い果たされ、加えて二度の大手術はその身体を極力、衰退されたのを思うと本音で国事や天皇としての任務を遂行するには、残念ながら体力がついていかない現実に苦慮された結果の声明であったと思われ、生前退位はやむをえない行為だと感じざるをえません。国民は諸手を挙げて、天皇陛下の退位を願い、感謝の念を発して労うべきでありましょう。
私は陛下の並々ならぬ敗戦後からの日本国民への誠実なお働きを高く評価していました。多分精神的に多大なご負担があったと推察します。初めての沖縄慰霊、跪いての災害被災者への慰労、それらは一部の心ない偏狭な思想家からは非難の言葉を浴びせられていたのはご存知であったと思います。その心労を思うと、陛下の生前退位はやむえない行為だとします。結果として女性が帝位につく可能性は考えられるでしょうが、嘗て女性皇位も持統天皇や元明天皇と居られた訳ですか問題はないでしょう。

むしろ、全力で皇位を全うした陛下には、礼を尽くしてご退位を労い感謝すべきでしょう。
私は生前退位を諸手を挙げて賛意を表します。

それにつけても安倍氏は特別立法で逃げるといった姑息な手段をすると報道されていますが、陛下に比べて何と浅薄な不誠実な行為といわざるを得ません。臆病で口先だけの政治家だと思っていましたが、彼は陛下のように自らの仕事に命を賭して遂行する貴人としての資格を欠いています。それを選んだ国民も愚かだと言いようがないのですが、今や日本国民は総じて懺悔し天皇陛下の生前退位を実現させるべく行動しようではないですか。

最早、政治改革を叫ぶべきだ。先ず、政治家の世襲制を禁止すべきだ。地域古老の政治勢力を抑制する運動を開始すべきで、その先で小選挙区制を改革しなければならない。この制度は政治資金を抑制するために立ち上げた制度だが、最早、ざる法である。その弊害の方が目立っている。その害は個人に勢力が集中しがちであり、政治資金が一箇所に集中して独裁者を生みやすくしている。それらの弊害をなくすために日本人には馴染みにくい小選挙区制を廃止すべきである。
米国のように一極に集中する事を好む一神教的、いや、ユダヤ的政策を物まねすべきを廃するべきで日本人は古来より多神教の融和精神を基層としている。その思考法を離れて制度を組むことは究極では破綻する。制度改革を始めるべきだ。
30年前私は「ゴジラ」を単なる怪獣映画として観ていたような気がする。今日、また見直して見ると理想化・単純化してはいるがこれは反戦・核禁止映画とも取れる。
今の安倍政権はこの映画を熟慮して観て欲しい。あの首相の潔さや勇気は彼にはかけている資質である。
核弊害の化身が通常科学
で太刀打ちできるとは思わないが、その反抗精神こそ必要な資質なのではなかろうか。人間の弱さを真に自覚することこそ我々の環境を守る事になる。

嘗て、岡本太郎はブラジルで余にも遅い仕事振りに腹を立て、急げと急かせると、「何故そんなに急ぐのか。進歩は余り意味がない」と言われて、「はァ」として気がついたことがあると、ある談話で話していたが進歩は必要ではあるが、最重要事項ではないのだ。地球が汚れ、環境が破壊される事のほうが重要事項なのである。
今、欲望を抑え、生きる価値の転換を考慮すべき、時期に来ているような気がしてならない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。